スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の飛島の航路 2011/5/20 and 22

■観察場所: 飛島航路:酒田⇒飛島 (山形県) 
■観察環境: 海上
■観察日 : 2011年5月20日(金)
■観察時間: 9:30~10:50
■天 候 : 曇り
■観察者 : A子、senga、伍號
■観察鳥種: 

1 オオミズナギドリ
2 ウミウ
3 ヒメウ
4 カワアイサ
5 トビ
6 ハマシギ
7 キアシシギ
8 アカエリヒレアシシギ
9 ウミネコ
10 アジサシ
11 コアジサシ
12 ウトウ
13 アマツバメ
14 ハクセキレイ


■コメント:


●本日の状況
・波は強くないが、うねりは割と大きかった。


●種類毎のコメント
・オオミズナギドリも少なめ。
・カカワアイサは最上川の河口にて。
・アカエリヒレアシシギは後半に少し出た。
・アジサシは洋上にて。
・コアジサシは酒田港にて。




■観察場所: 飛島航路:飛島⇒酒田 (山形県) 
■観察環境: 海上
■観察日 : 2011年5月22日(日)
■観察時間: 15:45~17:00
■天 候 : 曇り
■観察者 : A子、senga、伍號
■観察鳥種: 


1 オオハムまたはシロエリオオハム
2 オオミズナギドリ
3 アカアシミズナギドリ
4 ハシボソミズナギドリ
5 ウミウ
6 アオサギ
7 トビ
8 トウネン
9 キアシシギ
10 チュウシャクシギ
11 アカエリヒレアシシギ
12 ウミネコ
13 コアジサシ
14 ウトウ
15 イソヒヨドリ
16 ハシボソガラス
* クジラ1種


■コメント:


●本日の状況
・追い風気味で穏やかな海況だった。
・気温が低い。


●種類毎のコメント
・オオハムまたはシロエリオオハムは何個体か飛翔。夏羽も冬羽もいた。
・アカアシミズナギドリは1羽、ハシボソミズナギドリは数羽。
・チュウシャクシギの数十羽の大群が、きれいな列をなして北へと飛んで行った。
・クジラ1種は、比較的大型とのことだが、種は不明。



<伍號>


スポンサーサイト

春の飛島 2011/5/22

遅くなりましたが、最終日の記録です。



■観察場所: 飛島 その8 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月22日(日)
■観察時間: 4:30~14:30
■天 候 : 雨のち曇り
■観察者 : A子、senga、伍號
■観察鳥種:


1 カンムリカイツブリ
2 ウミウ
3 アマサギ
4 チュウサギ
5 マガモ
6 カルガモ
7 トビ
8 ツミ
9 ハヤブサ
10 クサシギ
11 オオセグロカモメ
12 ウミネコ
13 カラスバト
14 キジバト
15 ジュウイチ
16 カッコウ
17 ホトトギス
18 アマツバメ
19 ブッポウソウ
20 ツバメ
21 コシアカツバメ
22 ハクセキレイ
23 サンショウクイ
24 ヒヨドリ
25 チゴモズ
26 モズ
27 アカモズ
28 コルリ
29 イソヒヨドリ
30 トラツグミ
31 マミジロ
32 クロツグミ
33 ツグミ
34 ウグイス
35 オオヨシキリ
36 ムジセッカ
37 キマユムシクイ
38 メボソムシクイ
39 エゾムシクイ
40 マミジロキビタキ
41 キビタキ
42 ムギマキ
43 オオルリ
44 サメビタキ
45 エゾビタキ
46 コサメビタキ
47 シジュウカラ
48 メジロ
49 ホオジロ
50 ホオアカ
51 コホオアカ
52 キマユホオジロ
53 カシラダカ
54 シマアオジ
55 シマノジコ
56 ノジコ
57 アオジ
58 アトリ
59 カワラヒワ
60 マヒワ
61 アカマシコ
62 イカル
63 シメ
64 コムクドリ
65 ハシボソガラス
66 ハシブトガラス


■コメント:


●本日の状況
・早朝は強い雨だったが、朝食後は曇りになった。


●種類毎のコメント
・カンムリカイツブリは港付近にて。
・ツミが盛んに飛び回っていた。
・そういえば、今回はハヤブサをあまり見かけない。
・カラスバトが、縄張り争いなのか、求愛なのか、変な声で盛んに鳴いている。
  テキ穴近くの比較的低い樹上でも鳴いており、しばらく止まっていた。観察ポイントかも。
・ブッポウソウは、四谷ダムに2羽いた。
・チゴモズは、3の畑に♀1羽。
・アカモズは、亜種カラアカモズ。
・ムシクイが増えたようで、キマユムシクイが各所で地鳴き。亜種コメボソムシクイのさえずりも。
・マミジロキビタキは、2の畑ほか何か所で出たそうだ。
・サメビタキ属が多い。一方で、キビタキ、オオルリは少ない。
・シマアオジは、校庭の♀1羽のほかに、2の畑で♂の第1回夏羽が1羽。
・シマノジコは相変わらず各所で。
・アカマシコ♀または♂若が、2の畑にて。


●今日の目玉
・ブッポウソウ
・チゴモズ
・ムジセッカ
・キマユムシクイ
・マミジロキビタキ
・ムギマキ
・コホオアカ
・キマユホオジロ
・シマアオジ
・シマノジコ
・アカマシコ


●その他情報
・特になし



▼チゴモズ♀。 (撮影:伍號)


(画像準備中)


▼近くで見られたカラスバト。 (撮影:伍號)


(画像準備中)



<伍號>






春の飛島 2011/5/21

■観察場所: 飛島 その7 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月21日(土)
■観察時間: 5:00~18:00
■天 候 : 雨時々曇りのち霧
■観察者 : A子、senga、伍號
■観察鳥種:


1 ウミウ
2 ヒメウ
3 ミゾゴイ
4 アマサギ
5 ダイサギ
6 チュウサギ
7 マガモ
8 トビ
9 キアシシギ
10 オオセグロカモメ
11 ウミネコ
12 カラスバト
13 キジバト
14 アオバト
15 ツツドリ
16 ホトトギス
17 アオバズク
18 アマツバメ
19 ブッポウソウ
20 ツバメ
21 コシアカツバメ
22 キセキレイ
23 ハクセキレイ
24 サンショウクイ
25 ヒヨドリ
26 モズ
27 アカモズ
28 シマゴマ
29 コルリ
30 ジョウビタキ
31 イソヒヨドリ
32 ツグミ
33 ウグイス
34 ムジセッカ
35 キマユムシクイ
36 エゾムシクイ
37 センダイムシクイ
38 ムギマキ
39 オオルリ
40 サメビタキ
41 エゾビタキ
42 コサメビタキ
43 シジュウカラ
44 メジロ
45 チョウセンメジロ
46 ホオジロ
47 ホオアカ
48 コホオアカ
49 キマユホオジロ
50 カシラダカ
51 シマアオジ
52 シマノジコ
53 アオジ
54 アトリ
55 カワラヒワ
56 マヒワ
57 アカマシコ
58 イカル
59 シメ
60 スズメ
61 コウライウグイス
62 ハシボソガラス
63 ハシブトガラス


■コメント:


●本日の状況
・晴れるかと思ったら、ずっと曇りで少し風が強い。
・晴天続きだったそうで、鳥の個体数が少ない。


●種類毎のコメント
・ミゾゴイは、朝、グランドから小物忌神社方面に行く林道付近にて。
・ブッポウソウは、四谷ダムとヘリポートに各1羽。
・アカモズは、亜種カラアカモズ。ヘリポートにて。昨日とは別個体か?
・シマゴマは、荒崎に降りる谷間にて。声のみ。
・キマユムシクイは、いろいろな所にいた。
・チョウセンメジロは、法木の畑にて。メジロの群れに混じっていた。
・キマユホオジロは、2の畑にて4羽。
・シマアオジ♀1羽は、校庭付近にて。
・シマノジコは各所で。校庭付近では、♂2羽、♀1羽が、シマアオジ♀、ホオアカ、コホオアカと一緒に行動。
・アカマシコ♀または♂若が、2の畑にて。
・コウライウグイス1羽が2の畑にて。


●今日の目玉
・ミゾゴイ
・ブッポウソウ
・シマゴマ
・ムジセッカ
・キマユムシクイ
・ムギマキ
・チョウセンメジロ
・コホオアカ
・キマユホオジロ
・シマアオジ
・シマノジコ
・アカマシコ
・コウライウグイス


●その他情報
・ヒメイソヒヨ、サンコウチョウ、マミジロキビタキ など



▼シマアオジ♀。カメラの設定ミスで画像が粗い。(撮影:A子)

Primary Projection-シマアオジ♀_2011/5/21


▼キマユホオジロ (撮影:A子)
Primary Projection-キマユホオジロ_2011/5/21

▼アカマシコ♀または♂若。霧と暗さで厳しい画像。(撮影:A子)
Primary Projection-アカマシコ_2011/5/21

▼シマノジコ♂ まだ完全な成鳥ではない?(撮影:senga)
Primary Projection-シマノジコ♂_2011/5/21

▼霧の林道。広角レンズにて。 (撮影:senga)
Primary Projection-霧の林道_2011/5/21

▼濃霧で先が見えない2の畑。 (撮影:伍號)
Primary Projection-霧の2の畑_2011/5/21


<地酒レポ>


●庄内の風 純米吟醸(しょうないのかぜ)
 鯉川酒造株式会社(山形県東田川郡庄内町)

720ml 1500円前後 2011年4月製造


・枯れた感じの落ち着いた味わい。(伍號)
・むちゃむちゃ苦い。(A子)
・うすいんだけど、ちょっと辛い。(senga)
・今回のメンバーでは、こちらが好みのようだ。


・A子が通販で購入して持参。
・原料米:亀の尾(55%精白)
★★★★(4点)


●松の司 純米大吟醸 びわ湖ラベル(まつのつかさ)
 松瀬酒造株式会社(滋賀県蒲生郡竜王町)

375ml 1100円前後 2011年3月製造


・フルーティな立ち香!でも味はそうでもない。コクがある。(伍號)
・甘いけど苦い。ブドウ系の匂い。(A子)
・なんかスッと入ってくるが、最後に苦みと酒臭さが気になる。グレープフルーツ系の香り。(senga)
・山形県の地酒でないが、ユリカモメのラベルなのでネタで持ってきた。


・東京駅のはせがわ酒店で購入。
・原料米:不明(50%精白)
★★★★☆(4.5点)



Primary Projection-酒 2011/5/21 Primary Projection-酒 2011/5/21


<伍號>



春の飛島 2011/5/20

■観察場所: 飛島 その6 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月20日(金)
■観察時間: 12:00~18:00
■天 候 : 曇り
■観察者 : A子、AI、senga、伍號
■観察鳥種:


1 ウミウ
2 ヒメウ
3 アマサギ
4 カルガモ
5 トビ
6 クサシギ
7 イソシギ
8 オオセグロカモメ
9 ウミネコ
10 カラスバト
11 キジバト
12 ジュウイチ
13 ツツドリ
14 ホトトギス
15 アマツバメ
16 ブッポウソウ
17 ツバメ
18 ハクセキレイ
19 ビンズイ
20 サンショウクイ
21 ヒヨドリ
22 モズ
23 アカモズ
24 ミソサザイ
25 ジョウビタキ
26 イソヒヨドリ
27 マミチャジナイ
28 ツグミ
29 ウグイス
30 ムジセッカ
31 キマユムシクイ
32 エゾムシクイ
33 センダイムシクイ
34 マミジロキビタキ
35 ムギマキ
36 オオルリ
37 サメビタキ
38 エゾビタキ
39 コサメビタキ
40 シジュウカラ
41 メジロ
42 ホオジロ
43 ホオアカ
44 コホオアカ
45 カシラダカ
46 シマノジコ
47 ノジコ
48 アオジ
49 アトリ
50 カワラヒワ
51 マヒワ
52 イカル
53 シメ
54 コムクドリ
55 ハシボソガラス
56 ハシブトガラス


■コメント:


●本日の状況
・晴れるかと思ったら、ずっと曇りで少し風が強い。
・晴天続きだったそうで、鳥の個体数が少ない。


●種類毎のコメント
・ヘリポート付近で、ジュウイチ、ツツドリ、ホトトギスが盛んに鳴いていた。
 ツツドリは姿がよく見えた。ちょっと声の変なツツドリもいた。
・ブッポウソウがヘリポートに1羽。
・アカモズは、亜種カラアカモズだった。飛島では、アカモズの中では、カラアカモズが多い。。
・サメビタキ属が多かった。
・シマノジコは♂2羽は学校付近にて。他にもいるそうだ。
・夜、アオバズクが鳴いていた。


●今日の目玉
・ブッポウソウ
・ムジセッカ
・キマユムシクイ
・マミジロキビタキ
・ムギマキ
・コホオアカ
・シマノジコ


●その他情報
・ニシイワツバメ(シベリアイワツバメ) など



▼亜種カラアカモズ (撮影:senga)
Primary Projection-カラアカモズ 2011/5/20


▼夏羽のコホオアカ (撮影:senga)
Primary Projection-コホオアカ 2011/5/20


▼下尾筒に斑がないツツドリ (撮影:senga)

Primary Projection-ツツドリ 2011/5/20


▼美しいブッポウソウ (撮影:senga)
Primary Projection-ブッポウソウ 2011/5/20


▼遠いので厳しいが、シマノジコ♂ 第1回夏羽か? (撮影:senga)
Primary Projection-シマノジコ 2011/5/20


▼アマツバメ (撮影:senga)

Primary Projection-アマツバメ 2011/5/20


▼サメビタキ (撮影:伍號)
Primary Projection-サメビタキ 2011/5/20


<地酒レポ>


●上喜元 純米吟醸 神力 生酒(じょうきげん・しんりき)
 酒田酒造株式会社(山形県酒田市)

720ml 1523円 2011年5月製造


・まろやかなイメージ。少し熟成のヒネ香が気になる。(伍號)
・美味い!こっちのほうが好み。(A子)
・まったりとして美味い。こっちのほうが好み。(senga)
・今回のメンバーでは、神力のほうが好みで減りが早い。
・震災の影響で、出荷できなかったせいか、普段はこの時期に出さない生で出したそうだ。


・酒田の阿部酒店で購入。
・原料米:神力(50%精白)
★★★★☆(4.5点)



●上喜元 特別純米 玉栄 無濾過生原酒(じょうきげん・たまさかえ)
 酒田酒造株式会社(山形県酒田市)

720ml 1365円 2011年5月製造


・口当たり軽快だが、味は濃厚で美味い!(伍號)
・苦い。さっきのほうが好み。(A子)
・後味に苦みが残り気になる。(senga)
・震災の影響で、出荷できなかったせいか、普段はこの時期に出さない無濾過生原酒で出したそうだ。


・酒田の阿部酒店で購入。
・原料米:玉栄(55%精白)
★★★★☆(4.5点)


Primary Projection-酒 2011/5/20


<伍號>






飛島のルリビタイジョウビタキ♂夏羽

飛島常連のFさん(横浜)が、飛島で日本初記録の野鳥を観察・撮影されました。


ルリビタイジョウビタキ ♂ 第1回夏羽
Blue-fronted redstart


Primary Projection-ルリビタイジョウビタキ110514  Primary Projection-ルリビタイジョウビタキ110514  Primary Projection-ルリビタイジョウビタキ110514


5/14土の午後、山形県・飛島の農道脇の林縁で、発見されました。
Fさんは、厳密な第1発見者ではないそうですが、しっかり観察、
撮影したという意味では実質的な第1発見者かもしれないそうです。
当日の現場では誰も同定できず、夕方にカメラの液晶画面を撮影した
(ボケボケの)携帯画像を送っていただき、私(伍號)が東南アジアの
図鑑などを調べて同定した次第です。


頭からのどが鮮やかに青くて、オレンジ色の胸との境界辺りが黒く、
下尾筒から尾までオレンジ色な特徴がちゃんと写っていました。
腰が背中に近いところまでオレンジ色なのも特徴ですね。

この画像では見づらいですが、風切、大雨覆が茶色いようなので、

第1回夏羽のようですね。


この画像は、5/14に撮影されたもので、旅館のPCから送っていただいたので、
回線容量の都合でかなり小さいサイズになっています。


ルリビタイジョウビタキは、ネパールあたりでは普通の鳥だそうで、
四川あたりまで分布しているとか。
冬はミャンマーやタイまで渡るそうです。


自然分布かどうか怪しい気もしますが、このときの飛島は、春の対馬で
見られるような野鳥が多数観察されており、渡り自体が東または北東に
ずれている可能性もあるかもしれません。
シマノジコが島じゅうでたくさん見られ、ヒメイソヒヨ、オウチュウ、
ヤマショウビン、コウライウグイス、マミジロタヒバリ、コマミジロタヒバリ、
イワミセキレイ、カラフトムジセッカなども出ていたそうです。


なお、ルリビタイジョウビタキは、5/15日にも観察されましたが、
5/16月は観察されていないそうです。


伍號

今頃の飛島

いまさら、5/5の記録をアップしましたが、今週の飛島は異常なほど凄い状況だそうです。

うらやまし~


シマノジコがたくさんとか、ヒメイソヒヨの♂♀とか。



いただいたメールより:


5/13朝のメール:


シマノジコの綺麗な個体があちこちにいます。
学校のグランドだけで8羽。
ヒメイソは♂♀の2羽、3個体との情報もあり。
昨日は余り歩いてませんが、キマユ、シロハラ、シマアオジ、など。
昨晩から雨が降ってます。
何か出そうな予感。抜けたとはいえ、数は多いです。

5/13夕方のメール:


マミジロタヒバリ、コマミ、イワミセキレイ、オウチュウ、
ヤマショウビン、ヒメコウテンシ、コウライウグイスほか。
ヒメイソヒヨは♂は確認。♀は今日は出てない。警戒心が強い。


<伍號>

春の飛島・帰りの航路 2011/5/5

■観察場所: 飛島航路:飛島⇒酒田 (山形県) 
■観察環境: 海上
■観察日 : 2011年5月5日(木)
■観察時間: 11:15~12:35
■天 候 : 晴れ
■観察者 : I谷、伍號
■観察鳥種: 


1 オオハムまたはシロエリオオハム
2 オオミズナギドリ
3 アカアシミズナギドリ
4 ウミウ
5 ヒドリガモ
6 トビ
7 オオセグロカモメ
8 ウミネコ
9 コアジサシ
10 ウミスズメまたはカンムリウミスズメ
11 ウトウ


■コメント:


●本日の状況
・割と穏やかな海況だった。。


●種類毎のコメント
・オオハムまたはシロエリオオハムは何個体か飛翔。夏羽が多い。
・アカアシミズナギドリは少ないがじっくり見られた。
・ウミスズメまたはカンムリウミスズメは、数羽の群れが船から逃げるように飛翔。


<伍號>


春の飛島・5日目 2011/5/5

※いまさらですが、最終日のを書いてなかったので、書いておきます。


■観察場所: 飛島 その5 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月5日(木)
■観察時間: 5:00~11:00 ※I谷、伍號は1便で帰宅。
■天 候 : 曇り
■観察者 : いが、I谷、M本くん、AK島くん、伍號
■観察鳥種:


1 ウミウ
2 トビ
3 ハイタカ
4 ヤマシギ
5 オオセグロカモメ
6 ウミネコ
7 カラスバト
8 キジバト
9 コノハズク
10 アマツバメ
11 ツバメ
12 ハクセキレイ
13 ビンズイ
14 サンショウクイ
15 ヒヨドリ
16 モズ
17 コマドリ
18 シマゴマ
19 ルリビタキ
20 ジョウビタキ
21 ノビタキ
22 イソヒヨドリ
23 カラアカハラ
24 アカハラ
25 シロハラ
26 ツグミ
27 ウグイス
28 エゾムシクイ
29 キビタキ
30 オオルリ
31 コサメビタキ
32 シジュウカラ
33 メジロ
34 シラガホオジロ
35 ホオジロ
36 コホオアカ
37 カシラダカ
38 シマアオジ
39 アオジ
40 アトリ
41 カワラヒワ
42 マヒワ
43 ベニマシコ
44 ウソ
45 スズメ
46 ミヤマガラス
47 ハシボソガラス
48 ハシブトガラス


※主に伍號だけで付けたので抜けがある。


■コメント:


●本日の状況
・晴れるかと思ったら曇り。
・伍號は1便で帰るので、それまでの時間のみ。


●種類毎のコメント
・コノハズクが、沢口旅館の隣の家のちょっとした畑の漁網にかかっていた。
 なんでこんなところに?という場所だ。
 その家の人の許可を得て、I谷、M本くん、AK島くんらが救出したが、
 骨か筋を痛めたようで、飛べない状態だった。
 そこで保護して酒田に搬送し、対応できる地元の方に引き渡した。
・シラガホオジロ♂1羽が校庭付近にて。
・シマアオジ♀1羽がヘリポート付近にて。


●今日の目玉
・シマゴマ
・カラアカハラ
・シラガホオジロ
・コホオアカ
・シマアオジ


●その他情報
・このあとハギマシコなどがでたそうだ。


▼保護されたコノハズ (撮影:伍號)


Primary Projection-保護されたコノハズク110505


<伍號>


春の飛島・4日目 2011/5/4

■観察場所: 飛島 その4 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月4日(水)
■観察時間: 5:00~18:00
■天 候 : 曇り
■観察者 : いが、I谷、M本くん、AK島くん、伍號
■観察鳥種:


1 オオミズナギドリ
2 ウミウ
3 ヒメウ
4 ダイサギ
5 チュウサギ
6 コサギ
7 マガモ
8 カルガモ
9 オナガガモ
10 シノリガモ
11 ウミアイサ
12 トビ
13 ハイタカ
14 ノスリ
15 ハヤブサ
16 チョウゲンボウ
17 コチドリ
18 ウズラシギ
19 タカブシギ
20 イソシギ
21 タシギ
22 オオセグロカモメ
23 シロカモメ
24 ウミネコ
25 カラスバト
26 キジバト
27 ツツドリ
28 アオバズク
29 アマツバメ
30 ヒバリ
31 ツバメ
32 コシアカツバメ
33 イワツバメ
34 ツメナガセキレイ
35 キセキレイ
36 ハクセキレイ
37 マミジロタヒバリ
38 ヨーロッパビンズイ
39 ビンズイ
40 ムネアカタヒバリ
41 タヒバリ
42 サンショウクイ
43 ヒヨドリ
44 モズ
45 コマドリ
46 シマゴマ
47 ノゴマ
48 コルリ
49 ルリビタキ
50 ジョウビタキ
51 ノビタキ
52 イソヒヨドリ
53 トラツグミ
54 カラアカハラ
55 クロツグミ
56 アカハラ
57 シロハラ
58 マミチャジナイ
59 ツグミ
60 ヤブサメ
61 ウグイス
62 オオヨシキリ
63 ムジセッカ
64 キマユムシクイ
65 カラフトムシクイ
66 エゾムシクイ
67 ウスリームシクイ
68 センダイムシクイ
69 マミジロキビタキ
70 キビタキ
71 ムギマキ
72 オオルリ
73 サメビタキ
74 コサメビタキ
75 シジュウカラ
76 メジロ
77 ホオジロ
78 シロハラホオジロ
79 ホオアカ
80 コホオアカ
81 キマユホオジロ
82 カシラダカ
83 ノジコ
84 アオジ
85 クロジ
86 アトリ
87 カワラヒワ
88 マヒワ
89 ベニヒワ
90 ベニマシコ
91 ウソ
92 イカル
93 シメ
94 ニュウナイスズメ
95 スズメ
96 コムクドリ
97 ムクドリ
98 ハシボソガラス
99 ハシブトガラス
* ドバト(レースバトでない模様)


■コメント:


●本日の状況
・昨日に引き続き、気温が低い。9時くらいが最高気温だった模様。
・強力なメンバを含めて5人の合計とはいえ、99種はすごい!鳥の個体数は減ったが、種類はいる。


●種類毎のコメント
・シロカモメの成鳥夏羽が西海岸にいた。
・ツメナガセキレイは、昨日に引き続き亜種マミジロツメナガセキレイ。
・ハクセキレイは、亜種ハクセキレイ、ホオジロハクセキレイ、タイワンハクセキレイの3亜種いた。
・マミジロタヒバリは、田下海岸にて。
・ヨーロッパビンズイは荒崎にて1羽。一昨日からいる個体の模様。
・ムネアカタヒバリは多数いた。
・ムジセッカは、各所で出た。今年は多いようだ。
・カラフトムシクイは法木にて。
・ウスリームシクイは声のみ。田下海岸に降りる道などで。
・マミジロキビタキは、3の畑にまだいた。
・ムギマキは増えてきた模様。各所で出た。
・シロハラホオジロは本当に多くいるようだ。


●今日の目玉
・ツメナガセキレイ
・マミジロタヒバリ
・ヨーロッパビンズイ
・ムネアカタヒバリ
・カラアカハラ
・ムジセッカ
・キマユムシクイ
・カラフトムシクイ
・ウスリームシクイ
・マミジロキビタキ
・ムギマキ
・シロハラホオジロ
・コホオアカ
・キマユホオジロ


●その他情報
・カラフトムジセッカ、アリスイ など



▼躍動的なムネアカタヒバリ (撮影:伍號)
Primary Projection-ムネアカタヒバリ1

▼背中からのムネアカタヒバリ (撮影:伍號)
Primary Projection-ムネアカタヒバリ2

▼ムネアカタヒバリ、同一個体の右側面 (撮影:伍號)
Primary Projection-ムネアカタヒバリ3

▼枝にとまるヨーロッパビンズイ (撮影:伍號)
Primary Projection-ヨロビン1

▼ヨーロッパビンズイ、同一個体の右側面 (撮影:伍號)
Primary Projection-ヨロビン2

▼ヨーロッパビンズイ、同一個体の左側面 (撮影:伍號)


Primary Projection-ヨロビン3


<地酒レポ>

●伯楽星 純米大吟醸 本生おりがらみ 生酒 (はくらくせい)
 株式会社新澤醸造店(宮城県大崎市三本木)

720ml 2940円 2011年2月製造
・伯楽星の新澤醸造店は地震で蔵がやられて、来季の造りはできないとのこと。
 この酒は、被災前に出荷されたもの。
・かなりおりがらんでいる。
・香り控えめだが、麹の香りがしっかり。でも後味はきれい。(伍號)
・ちょっとアルコールを感じる。角がなく、丸くておいしい。後味はすっきりしている。(いが)
・おりがらみだから甘いですね。(I谷)
・甘い。(M本)
・切れがいい割には味が濃い。おいしい。(AK島)

・原料米:不明(40%精白)
★★★★☆(4.5点)


●南三陸庄内の風 純米(みなみさんりくしょうないのかぜ)
 鯉川酒造株式会社(山形県東田川郡庄内町)

720ml ****円 2011年4月製造
・南三陸産「亀の尾」90%と庄内産「亀の尾」10%を用いた酒。
 両町は友好関係とのこと。
 「南三陸町の復興を願う」と肩書にあり。
・口当たり軽い。でも純米酒らしい重さもある。(伍號)
・軽い。軽すぎる。(いが)
・食事に合わせるといい。キムチとも合うかも。(I谷)
・さらさらしている。(AK島)

・原料米:亀の尾(60%精白)
★★★★(4点)



Primary Projection-20110504酒

<伍號>


春の飛島・3日目 2011/5/3

■観察場所: 飛島 その3 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月3日(火)
■観察時間: 5:30~18:00
■天 候 : 晴れのち曇り
■観察者 : A子、S先生、いが、I谷、YMさん、M本くん、AK島くん、伍號

■観察鳥種:


1 アカエリカイツブリ
2 ウミウ
3 ヒメウ
4 ダイサギ
5 チュウサギ
6 アオサギ
7 オシドリ
8 マガモ
9 カルガモ
10 シノリガモ
11 ハチクマ
12 トビ
13 ハヤブサ
14 タシギ
15 オオジシギ
16 オオセグロカモメ
17 ウミネコ
18 カラスバト
19 キジバト
20 ツツドリ
21 コノハズク
22 アオバズク
23 ヨタカ
24 ハリオアマツバメ
25 アマツバメ
26 ヒバリ
27 ツバメ
28 コシアカツバメ
29 ツメナガセキレイ
30 キガシラセキレイ
31 キセキレイ
32 ハクセキレイ
33 ビンズイ
34 ムネアカタヒバリ
35 タヒバリ
36 サンショウクイ
37 ヒヨドリ
38 モズ
39 アカモズ
40 コマドリ
41 シマゴマ
42 ノゴマ
43 コルリ
44 ルリビタキ
45 ジョウビタキ
46 ノビタキ
47 イソヒヨドリ
48 トラツグミ
49 クロツグミ
50 アカハラ
51 シロハラ
52 マミチャジナイ
53 ツグミ
54 ヤブサメ
55 ウグイス
56 オオヨシキリ
57 ムジセッカ
58 キマユムシクイ
59 エゾムシクイ
60 センダイムシクイ
61 キクイタダキ
62 マミジロキビタキ
63 キビタキ
64 ムギマキ
65 オオルリ
66 コサメビタキ
67 ヒガラ
68 ヤマガラ
69 シジュウカラ
70 メジロ
71 ホオジロ
72 シロハラホオジロ
73 ホオアカ
74 コホオアカ
75 キマユホオジロ
76 カシラダカ
77 ミヤマホオジロ
78 ノジコ
79 アオジ
80 クロジ
81 アトリ
82 カワラヒワ
83 マヒワ
84 アカマシコ
85 ベニマシコ
86 ウソ
87 イカル
88 シメ
89 ニュウナイスズメ
90 スズメ
91 コムクドリ
92 ハシボソガラス
93 ハシブトガラス


■コメント:


●本日の状況
・午前中の早いうちはは晴れて暖かかったが、次第に曇り、気温が下がってきて寒かった。


●種類毎のコメント
・コノハズク、アオバズクは声のみ。
・ヨタカが3の畑で止まって寝ていた。9時まではいたが、10時にはいなくなっていたとのこと。
・ツメナガセキレイは、昨日に引き続き亜種マミジロツメナガセキレイ。
・キガシラセキレイはきれいな♂夏羽1羽とのこと。
・亜種タイワンハクセキレイも1羽いた。
・アカモズは、亜種カラアカモズのようだった。
・マミジロキビタキは、昨日と同じく3の畑に♂夏羽1羽。
・シロハラホオジロは、林の中などにたくさんいた。
・昨日に引き続き亜種シベリアアオジ♂が数羽みられた。
・アカマシコは、若鳥または♀。


●今日の目玉
・ヨタカ
・ツメナガセキレイ
・キガシラセキレイ
・ムネアカタヒバリ
・アカモズ
・シマゴマ
・ムジセッカ
・キマユムシクイ
・マミジロキビタキ
・ムギマキ
・シロハラホオジロ
・コホオアカ
・キマユホオジロ
・アカマシコ


●その他情報
・マダラヒタキ? など


▼A子さん発見のヨタカ (撮影:伍號)
Primary Projection-ヨタカ110503

▼やっと見えた鳥海山 (撮影:伍號)
Primary Projection-鳥海山110503

▼今日は使える画像が少ないのでキビタキの後ろ姿・・・ (撮影:伍號)
Primary Projection-キビタキ110503


<地酒レポ>
・今日はキムチに合わせてビールのみにしたのでお休み。



<伍號>


春の飛島・2日目 2011/5/2

■観察場所: 飛島 その2 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月2日(月)
■観察時間: 9:00~18:00
■天 候 : 曇り一時雨
■観察者 : A子、S先生、伍號
■観察鳥種:


1 カイツブリ
2 カワウ
3 ウミウ
4 ダイサギ
5 チュウサギ
6 アオサギ
7 カルガモ
8 トビ
9 オオタカ
10 ハイタカ
11 ハヤブサ
12 タカブシギ
13 オオジシギ
14 オオセグロカモメ
15 ワシカモメ
16 ウミネコ
17 カラスバト
18 キジバト
19 アオバト
20 コミミズク
21 アマツバメ
22 ヒバリ
23 ツバメ
24 コシアカツバメ
25 イワツバメ
26 ツメナガセキレイ
27 キセキレイ
28 ハクセキレイ
29 ビンズイ
30 ムネアカタヒバリ
31 タヒバリ
32 サンショウクイ
33 ヒヨドリ
34 コマドリ
35 シマゴマ
36 ノゴマ
37 ルリビタキ
38 ジョウビタキ
39 ノビタキ
40 イソヒヨドリ
41 トラツグミ
42 カラアカハラ
43 アカハラ
44 シロハラ
45 マミチャジナイ
46 ツグミ
47 ヤブサメ
48 ウグイス
49 ムジセッカ
50 エゾムシクイ
51 センダイムシクイ
52 キクイタダキ
53 マミジロキビタキ
54 キビタキ
55 オオルリ
56 コサメビタキ
57 ヒガラ
58 シジュウカラ
59 メジロ
60 ホオジロ
61 シロハラホオジロ
62 ホオアカ
63 コホオアカ
64 キマユホオジロ
65 カシラダカ
66 ミヤマホオジロ
67 ノジコ
68 アオジ
69 クロジ
70 アトリ
71 カワラヒワ
72 マヒワ
73 ベニマシコ
74 ウソ
75 イカル
76 シメ
77 ニュウナイスズメ
78 スズメ
79 ムクドリ
80 ミヤマガラス
81 ハシボソガラス
82 ハシブトガラス


■コメント:


●本日の状況
・西風が強かったが、畑は静かだった。気温がかなり低く、最高10℃くらいだった。


●種類毎のコメント
・今日も、アオジ、ツグミ、シロハラ、アトリが多かった。
・カワウが鼻戸崎の前の岩場に2羽はいた。
・タカブシギは、2の畑に4羽、他にも各所に出た。
・コミミズクが飛んでいた。まだいたのか。
・亜種マミジロツメナガセキレイが法木の畑に1羽。
・ムネアカタヒバリは、荒崎、校庭など。
・シマゴマは法木や鼻戸崎などで声のみ。
・ムジセッカは、法木などで。
・きれいなマミジロキビタキ♂1羽がいた。
・シロハラホオジロは、かなりの数がいるようだ。
・キマユホオジロは、法木♂、校庭♀など。


●今日の目玉
・コミミズク
・ツメナガセキレイ
・ムネアカタヒバリ
・シマゴマ
・カラアカハラ
・ムジセッカ
・マミジロキビタキ
・シロハラホオジロ
・コホオアカ
・キマユホオジロ


●その他情報
・ムギマキ、ヨーロッパビンズイ など



▼きれいな亜種マミジロツメナガセキレイ夏羽 (撮影:S先生)
Primary Projection-マミジロツメナガセキレイ110502

▼きれいなマミジロキビタキ♂夏羽 (撮影:S先生)
Primary Projection-マミジロキビタキ110502

▼きれいなキビタキ♂夏羽 (撮影:S先生)
Primary Projection-キビタキ110502

▼たくさんいたシロハラホオジロ (撮影:S先生)
Primary Projection-シロハラホオジロ110502

▼電線のコシアカツバメ (撮影:A子)
Primary Projection-コシアカツバメ110502

▼キマユホオジロ♀ (撮影:A子)
Primary Projection-キマユホオジロ110502

▼ムネアカタヒバリ夏羽 (撮影:A子)
Primary Projection-ムネアカタヒバリ110502

▼カワウ。ウミウとともに岩場にいた。 (撮影:A子)

Primary Projection-カワウ110502

▼畑のタカブシギ (撮影:伍號)
Primary Projection-タカブシギ110502

▼畑のコサメビタキ (撮影:伍號)
Primary Projection-コサメビタキ110502

▼夕方で厳しい画像だが、亜種シベリアアオジ♂ (撮影:伍號)
Primary Projection-シベリアアオジ110502



<地酒レポ>


●上喜元 純米 出羽の里 生酒 (じょうきげん・でわのさと)
 酒田酒造株式会社(山形県酒田市)

720ml 1045円 2011年3月製造
・香りさほどでもないが、濃厚で美味い。甘めな印象だが後味は悪くない。
・精米歩合80%の低精白ながら、たいしたものだ。
・出羽の里は、山形県のオリジナル酒造好適米第2弾。

・原料米:出羽の里(80%精白)
★★★★☆(4.5点)



Primary Projection-110502酒


<伍號>


春の飛島・1日目

■観察場所: 飛島 その1 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年5月1日(日)
■観察時間: 12:00~18:00
■天 候 : 雨時々曇り
■観察者 : A子、S先生、伍號
■観察鳥種:


1 オオハム
2 カイツブリ
3 ウミウ
4 シノリガモ
5 トビ
6 キアシシギ
7 オオセグロカモメ
8 ワシカモメ
9 ウミネコ
10 キジバト
11 アマツバメ
12 ヒバリ
13 ツバメ
14 ハクセキレイ
15 ビンズイ
16 タヒバリ
17 ヒヨドリ
18 コマドリ
19 ルリビタキ
20 ジョウビタキ
21 ノビタキ
22 イソヒヨドリ
23 トラツグミ
24 カラアカハラ
25 クロツグミ
26 アカハラ
27 シロハラ
28 ツグミ
29 ヤブサメ
30 ウグイス
31 エゾムシクイ
32 キビタキ
33 オオルリ
34 シジュウカラ
35 メジロ
36 ホオジロ
37 シロハラホオジロ
38 コホオアカ
39 カシラダカ
40 ミヤマホオジロ
41 アオジ
42 クロジ
43 アトリ
44 カワラヒワ
45 マヒワ
46 ベニマシコ
47 ウソ
48 シメ
49 ニュウナイスズメ
50 スズメ
51 ミヤマガラス
52 ハシボソガラス
53 ハシブトガラス


■コメント:


●本日の状況
・ずっと雨が強く降ったり、一時上がったりの天気。


●種類毎のコメント
・今日は、アオジ、ツグミ、シロハラ、アトリが多かった。
・全体的に個体数は多い気がするが、雨なので観察しづらい。
・鼻戸崎から見える岩に今年もワシカモメ夏羽がいた。毎年同じ個体みたい。
・カラアカハラはヘリポートの上の畑で♂1羽。他にも各所で出ていたとのこと。
・シロハラホオジロ♂1羽は、池田薬店の隣の民家の庭にいた。
・ミヤマガラスが3羽、ヘリポートの上の畑にいた。


●今日の目玉
・カラアカハラ
・シロハラホオジロ
・コホオアカ


●その他情報
・キマユムシクイ、ヤツガシラ、コノハズク など


▼証拠写真程度だかシロハラホオジロ♂ (撮影:A子)
Primary Projection-シロハラホオジロ110501

▼校庭のニュウナイスズメ♂ (撮影:A子)
Primary Projection-ニュウナイスズメ110501


▼向こうを向いているが沢口旅館の部屋から撮ったカラスバト (撮影:S先生)
Primary Projection-カラスバト110501


<地酒レポ>

●上喜元 純米大吟醸 つや姫 (じょうきげん・つやひめ)
 酒田酒造株式会社(山形県酒田市)

720ml 1845円 2011年3月製造
・香り高く飲みやすい。が、洗練されていない感じもする。後味に苦みを感じる。(伍號)
・甘いけれど、もたっとした感じがしない。美味い。(S先生)
・香りがいい。(A子)
・つや姫は、去年から販売している山形オリジナルの米。食べるとおいしいそうだ。

・原料米:つや姫(40%精白)
★★★★(4点)


●上喜元 純米吟醸 仕込第三三号 無濾過生原酒(じょうきげん)
 酒田酒造株式会社(山形県酒田市)

720ml 1365円 2011年3月製造
・炭酸がかすかに残っている。濃厚で美味い!(伍號)
・舌にぴりっと感じる。辛く感じる。(A子)

・原料米:不明(55%精白)
★★★★☆(4.5点)


Primary Projection-110501の酒


<伍號>






春の飛島・航路

■観察場所: 飛島航路:酒田⇒飛島 (山形県) 
■観察環境: 海上
■観察日 : 2011年5月1日(日)
■観察時間: 9:00~10:20
■天 候 : 雨時々曇り
■観察者 : A子、伍號
■観察鳥種: 

1 オオハム
2 ハシジロアビ★
3 カンムリカイツブリ
4 オオミズナギドリ
5 アカアシミズナギドリ
6 ウミウ
7 ヒメウ
8 ヒドリガモ
9 ホシハジロ
10 キンクロハジロ
11 トビ
12 ユリカモメ
13 オオセグロカモメ
14 ワシカモメ
15 ウミネコ
16 コアジサシ
17 ウトウ
18 ハシボソガラス
* カマイルカ


■コメント:


●本日の状況
・風は強くないがうねりは大きかった。
・1便は出たが、2便は欠航となった。明日もやばいらしい。


●種類毎のコメント
・ハシジロアビは冬羽のようで、船の近くに浮いていてよく見えた。
  嘴が白く太く目立ち、根元のほうが汚れていたのか黒っぽかった。
・カンムリカイツブリは酒田港にて。
・酒田港ではコアジサシがたくさんいた。
・アカアシミズナギドリは1羽確認。
・ウトウもそこそこいた。
・カマイルカは1回群れと遭遇。船の波に乗って遊んでいた。

                               <伍號>


カレンダー
03 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。