スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宅島の温泉

7年ぶり?に再開された三宅島の温泉施設「ふるさとの湯」


お湯は茶色で不透明。

味はかなりしょっぱい!海水ほどではないけど。

苦味も感じるので、マグネシウムとかカリウムとかも入ってるのかな?

成分表とか貼ってなかった気がします。


ふるさとの湯1
▲外観


ふるさとの湯2
▲ふるさとの湯をなめながら、新島に沈む夕日を眺める。


<伍號>

スポンサーサイト

三宅島の石2

さて三宅島の石その2です。


石11

▲Kスミさん撮影

灰長石にくっついている黒い石で、きれいな虹色のものがあります。

カクセン石なのかな?

構造色でしょうね。

宝石のようです。でも実は透明感のある黒~黒褐色なのですよ。


石10
▲Kスミさん撮影

まるで金属のような光沢。

(実体)顕微鏡写真だそうです。


石9
▲伍號撮影

同じ石ではないけど、離れて撮るとこんな感じ。


この次はsengaも採集に行こう!


<伍號>

三宅島の鳥

さてさて石に続いて鳥の画像です。


オーストンヤマガラ
▲オーストンヤマガラ  <だて撮影>

  宿の餌台なのでひまわりをくわえてます。

  そういえば、餌台以外ではあまりみられなかったような。


イイジマムシクイ
▲元気にさえずるイイジマムシクイ  <だて撮影>

  こいつはたっくさんいます。

  お腹の黄色いところもチャームポイント!?



ウチヤマセンニュウ
▲ウチヤマセンニュウ    <だて撮影>

  伊豆岬周辺では見やすいですね。


ウチヤマ2
▲もひとつウチヤマ君  <伍號撮影>

  色の違いは機材の違い。


ホトトギス
▲ホトトギス  <伍號撮影>

  案外、撮影しづらい。どこでもそうか。



チチブ
▲チチブ

 大路池にて。池の中の缶を拾ったら、案の定中に入っていました。

 ヌマチチブではなく、チチブのようです。

 この後ちゃんと逃がしてあげました。


<伍號>

三宅島の石

さてさて、三宅島に行ってから10日以上経ってしまいました。

まだ記録をまとめていません。すいません。

てことで画像だけでも、書き込みます。

 

が!まずは鉱物採集班の石画像から!


石1

▲赤い灰長石。これはもう宝石レベルでは?サンストーン(日長石)と呼べるでしょう。

 でもとても小さいのです・・・


石2
▲玄武岩中のやや赤い灰長石。これは結構大きいけど、岩が硬くて取り出せません・・・


石3
▲銅が入っているために銅色の反射が見える灰長石


石4
▲上と同じ石。左が10円玉です。このぐらいのサイズです。


石7
▲銅が粒上に入っています。これをインクルージョンといいます。

 銅がインクルージョンした灰長石は珍しいのです。

 三宅島では結構採集できます。


石5
▲灰長石の結晶たち。

 多くはこのように赤や黒の火山岩でコーティングされていますが、中身は透明なのです。


石6
▲複雑に結晶が重なっています。

 灰長石はこのように双晶を作りやすいそうです。


<伍號> 

志太泉

今朝、ぶらり途中下車の旅を見ていたら、海老名の泉橋酒造が出てました。

泉橋酒造は出身中学のすぐ裏手の酒蔵なんで、懐かしく見ました。

泉橋酒造は周辺で酒米も作ってますが、その田んぼで昔は鳥見てたのは、

おそらく私だけでしょう。久々飲みたい酒だな、買って来るかな。


で、今日は代わりに同じく地元の酒米にこだわて作ったお酒を頂きました。


●志太泉・純米吟醸(焼津酒米研究会) 山田錦

  株式会社志太泉酒造(静岡県藤枝市)


これはうまいです。

甘い香りに、口に含みとさっぱり感ある甘みで、キレもよい。

志太泉の中でも焼津の生産者11名を明記して米造りから管理された酒ですね。


今朝のテレビでも、泉橋酒造の社長が、米造りから農薬なども管理して酒造り

にこだわりたいと言ってましたが、こだわっておいしいお酒が増えるのはうれしい

ですよね。


sidaizumi_d

<DEVIL MAN>


サンコウチョウ

梅雨の中休み、

明るく撮れましたヨ~

MarkⅢが吠えまくりました。


sankouchou_1


<玉之助>

あら玉

今日はみなさん恒例の三宅島。諸事情で私は行けませんでした。

みんな、モスラに襲われてなければよいけど。

そういえば昨日から、三宅の温泉が復活したんですよね。私も入りたい。

いつか、三宅日帰り温泉ツアーでもやるかな。


で、今日は家で飲んでます。

今回も山形の酒で


●純米大吟醸 あら玉

  和田酒造合資会社(山形県河北町)


出羽燦々40%。なかなかよいスペックです。

品のあるやわらかな香り。素直なおいしさ。安心していただけるお酒ですね。



aratama_d

<DEVIL MAN>

手取川

日々いろんなお酒を頂いていますが、自家用で買う場合、

外すのが怖いので、ついつい吟醸、大吟醸クラスになります。

で、今回は比較的よく売ってる


●大吟醸 手取川 吉田蔵

  株式会社吉田酒造店(石川県白山市)


ほどよい香りに、口に含むと程よい旨味の後にすっきした後味、

大きな特徴はないけど、嫌味もなく安心して飲めるお酒です。

白山市かー。白山は一度登ってみたい山なんですよね。

山と酒を巡る金沢遠征なんかも良さそうですね。


tedorigawa_d

<DEVIL MAN>

酔美人

シーズンなので菖蒲の花を撮ってみました。

以前は近所の水元公園に毎年行ってましたが、今回は別の場所で。

ちなみに、菖蒲の花の名前は、酒の名前に通じるものが多いです。


最近もあちこち飲みまくってますが、先日頂いた「米鶴純米大吟醸亀の尾」は

バナナ香に味わいある辛口でお勧めです。山形の酒はうまいね。

ちなみに、亀の井という菖蒲もあっったなー。


syoubu_d


<DEVIL MAN>

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。